• 福老 後藤 恭成

選ばれるケアマネ

ケアマネの選び方として、主に次のようなポイントが挙げられます。

・経歴や資格の確認。特に、どの分野の実務経験があるのか ・相談しやすいか、話を聴いてくれるかどうか ・説明がわかりやすいかどうか ・問題発生時の対応の速さ


「選ばれないケアマネ」は

1、例えば、利用者の意思や願いをうまく聞き出せないまま、ぼんやりとしたプランを作ってしまったとか。

あるいは、必要な確認だけはさっさと済ませる一方、プランの説明は不十分。その挙句、表情だけはにこやかに「ここに印鑑を♪」と促してしまうとか。

もしくは、一応、複数のサービスの選択肢を提示するが、実際に使ってもらうサービスは、決めてしまっているとか。

こうした対応は、よりよいサービスを選びたいと思っている利用者を戸惑わせ、不安にさせます。

もちろんケアマネの側には、利用者を不安にさせたり、戸惑わせたりする意図は全くないでしょう。しかし、意図はないにしても、「当たり前の真逆」の対応を続ければ、不安と不満と反感を生む危険が高まります。

2、

「選ばれないケアマネ」は、利用者からの質問に真摯に向き合っていないことも考えられます。例えば、次のような質問を利用者から受けた時、理解してもらえるように丁寧に説明しているでしょうか。

「なぜ、このデイサービス事業所を使うの?」 「お金は払えると言っているのに。どうしてもっとヘルパーを利用できないのか?」 「『それは自費サービスでなら対応できますが』って…。何をどこまで保険でまかなえるのか、ちゃんと教えて下さい」

利用者はケアマネを高い専門性と職業倫理を併せ持つプロフェッショナルと信じ、介護保険のナゾについて質問しているのです。その問いにちゃんと向き合わなければ「ひょっとして、何も知らないんじゃない?」と小馬鹿にするか、「知っているくせに教えてくれないなんて!なんて意地が悪いの!!」と、反感を抱くかのどちらかでしょう。


ケアマネジメントの基本に忠実であること。また、コミュニケーション力が重要な役割を果たす

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナで大変大変大変!

最近少し減ってきている様ですが、人それぞれの対応策が必要ですが、私はできるだけ感染リスクを避ける様に行動しています。しかし、重症の患者さんが少ない様に感じていますので、それ程恐れなくても良いかもしれません!早く何時もの生活にもどり普通に生活したいですね😭

2020.01.08  厚労省、予防ケアプランの介護報酬を再考 包括から居宅への委託を推進

厚生労働省は来年4月の介護報酬改定に向けて、要支援の認定を受けた高齢者を対象とする介護予防支援のケアマネジメントを再考する方針だ。地域包括支援センターが居宅介護支援事業所に委託しやすい環境を作り出す観点から具体策を構想する。 社保審・介護保険部会で12月27日にまとめた意見書に、こうした考えを盛り込んだ。「介護報酬上の対応についても検討が必要」と明記した。 社会保障審議会介護保険部会意見 2016

0986-46-6280

0986-46-6290

住所

〒885-0083

​宮崎県都城市都島町52-3